PDCAを回すのは古い?大企業より個人の方が強い理由とは?

PDCAとは

プラン(計画)

ドゥ(実行)

チェック(分析)

アクション(改善)

の頭文字をとったもので、製造大国日本では長年ビジネスでは王道

の手法だった

だけど、現代ではもうこのPDCAでビジネスを回すのはやばいんじゃないか

もう古いんじゃないかと言われています。

PDCAは失敗をなくす方法論で、正解を出すためのフォーマットです。

今まではそれで良かったのですが

最近はネットの普及、SNSの普及に伴って、どんどん情報のスピードが増しており

コピーすることがカジュアルに、より手軽に行えるようになった

みんな正解するようになったら、正解そのものには価値がなくなります

オシャレな服を一人が着ていたら、その人だけがお洒落になれるのに

全員がオシャレな服を着たら、全員がお洒落になり、その服自体の価値はなくなります

(そしてイケメンと美女だけが一人勝ちします・・・汗)

つまり、現代においてはPDCAをまわすだけでは勝ち残れないのです。

しかも、PDCAを回すというのは、失敗をなくす方法です

失敗をなくしていくと、勝つだけになります。

皮肉なことに、それ自体が失敗になります。

現代では、成功するためには

正解を出すことではなく、ファンを作ることが必須になっています。

それでは、どのような事をすればファンは増えるのでしょうか?

それは、挑戦をすることです。

機能的価値は、現代日本には溢れていますので、いくら機能をよくしたところで、

つまりより良い正解を出したところで、ファンは増えません。

人は、機能的価値ではなく、物語に反応します。

感情の振れ幅に反応するのです。

いつみても100%正解を出す完璧超人よりも

はちゃめちゃで失敗しまくるけど、誰もがなし得ない事をしていく挑戦者に

人は魅了されます。

挑戦者にとって、失敗はその人自身のブランディングにもなり、経験にもなり、

アウトプットすると資産にもなるのです。

確かに、1回挑戦しただけで数億円吹っ飛ぶような一大プロジェクトを

しなければならない大企業でしたら、失敗は許されません。

ですが、そうではない個人でしたら、ほぼノーリスクでガンガン挑戦できます。

もはや大企業の時代が終わり、個人の時代が到来しているのも、そういった理由もあったりします

ガンガン失敗しても、リスクがない。

決断が早く、即実行できる、機動性と柔軟性、ランニングコストのかからない個人が

有利であることは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です