新しい環境や習慣に馴染めない!克服するための便利な言葉とは?

どうもカントウです

  • 新しい環境になかなか馴染めない
  • 新しい習慣を取り入れたいけれど、上手く行かない

こういった悩みを一発で解決する魔法の言葉をお伝えします

すみません、さすがに言いすぎました(汗)

しかし、一発で解決できるまでは行きませんが、かなり有効な言葉だと思いますので

ご紹介します

ネタバレしますと

「まだ脳が慣れてないだけ」

これを呟くだけです

「なんじゃそりゃ?」

と疑問に思われた方は、少しだけ私の少数意見にお付き合い下さい

まだ脳が慣れていないだけ

 

なんか「まだ俺は本気出してないだけ」みたいに聞こえるかもしれませんが(汗)

この言葉を自分に言い聞かせると、3日坊主を克服できる確率が34%上がります

私の脳内調べですので数値は適当です、すみません汗

しかし、脳が慣れていないというのは、あながちでたらめな言葉でもなかったりしますよ

みなさんは子どもの時、色々学んだと思います

鉛筆の使い方や、自転車の乗り方など、初めての経験も多かったと思います

その時、いきなり鉛筆を渡されて

「さぁ読書感想文をかけ!」

と言われても、すぐにかけなかったと思います

まず、鉛筆を持つことに慣れないと、文字はかけません

文字がかけても、文章を何度もかかないと、まともな文章はかけません

なんどもなんどもトライアンドエラーを繰り返して、人は鉛筆で文章を書けるようになったのです

もちろん自転車に乗るのも、鉄棒で逆上がりするのも、個人差はありますが、できるまでには時間がかかったのではないでしょうか?

脳科学は詳しくありませんので、正確な表現はできませんが

人は新たなスキルを身につける場合、例えは

「自転車に乗る」

でしたら、脳内で「自転車に乗れる」回路が形成できるまで、なんどもトライアンドエラーを

繰り返します

しかし、1度乗れて、何度も繰り返し乗れると

徐々に脳内の「自転車に乗れる」回路が強化され

最終的には無意識でも自転車に乗れるところまでいきます

これは「脳が自転車に乗ることに慣れた」

とはいえないでしょうか?

つまり、新たな環境や習慣も、鉛筆や自転車と同様に、身につけるのに時間がかかるのは当たり前で

何度もトライアンドエラーを繰り返せば、必ず身に付けられる

そう信じる事もできるのではないでしょうか?

あなたは鉛筆をもって、文章がかけますか?

自転車に乗れますか?

スマホでラインができますか?

これら全部ができるのは、あなたの脳がそれらに「慣れた」だけなのです

つまり、あなたは確実に新しい環境や習慣に慣れる力がある

そう断言できるわけです

ですので、たとえ新しい挑戦をしたいと思っても

「どうせ自分には続かないよ・・・」

と不安に思う必要はありません

それは

「まだ脳が慣れていないだけ」

だけなのですから

まとめ

 

  • 新しい環境や習慣に慣れない場合の対処法
  • 「まだ脳がなれていないだけ」と自分に言い聞かせる

今回紹介した言葉を自分に言い聞かせて、少しでもあなたが新しい挑戦に取り組める事をお祈りしています

・・・あれ、なんか今回めっちゃいい人みたいな終わり方になってしまった(汗)

これもトライアンドエラーのひとつですね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です