記事作成挫折しても、何食わぬ顔で再開するオッサンの話

どうもカントウです。

私は現在ネットビジネスをやっているのですが、せんしゅうの土日は、久しぶりに記事作成に心が折れまして、ひたすらYouTubeを見まくるというだらけた二日間を送りました。

10000文字以上で、かつ師匠の記事を超えてやる!という意気込みで書こう思ったのが運の尽き。

見事に挫折して家でくたばっていた次第です。

そこで改めて気付かされたことがありましたので、今回はその事をアウトプットしようかなと思います。

挫折して、Youtube見まくって2日無駄にした…つまり、失敗したのですが、その理由は二つあります。

  • ハードルを上げすぎた事
  • 完璧主義を発病させてしまった事

ですね。

師匠よりいい物を書いてやる!オリジナリティ溢れる物を作ってやる!と自分に期待しすぎたんです。

いやいや、別に劣化コピーでもいいじゃないと思いますよ。

たとえ劣化コピーで、師匠の稼ぎに比べて5分の1でも、ジャンル変えて5個サイト作ればいいだけなので。

あー、もう完璧主義さっさと捨てよー。

と思いましたね。

何かに挑戦する時、完璧主義マジでいらん子だわ…と思いつつ、私は挫折したのに何食わぬ顔で記事作成を再開させます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です