ツイートにブログ記事を埋め込んでサムネイル表示させる方法!

・Twitterに記事のURLを貼り付けたのに、サムネイル写真が表示されない!

そんな方に向けた記事です。

ワードプレスの設定で簡単にできますよ。

サムネイルがあるブログ記事ツイートの威力は絶大

 

ツイッターに自分の書いたブログ記事のURLを貼り付けても、文字だけだと

こうなります。

ですが、サムネイルが表示できると

こうなります。

こうかはばつぐんだ!ですよね?

ただのURLだけよりも、サムネがあった方が目につきます。つまり、クリックされやすくなります。

それでは、どうすればこのような設定ができるのでしょうか?

解説していきます。

ツイートに自分のブログ記事を埋め込む方法

前提としてですが、こういったブログ記事が貼り付けられたツイートの事を、「Twitterカード」と呼ばれています。

ひとつずつ説明していきます。

All in One SEO pack(プラグイン)をインストールする

はじめに、ワードプレスにAll in One SEO Packをインストールしましょう。

これが出来ていないと、今回のツイート設定ができません。

インストール方法は、ワードプレスの「プラグイン」→「新規追加」を押して、

「All in One SEO Pack」

で検索すれば出てきます。

ソーシャルメディア機能をONにする

次に、「All in One SEO Pack」にあるソーシャルメディア機能の設定をします。

ワードプレスのダッシュボードを開き、「機能管理」→「ソーシャルメディア」

というパネルをクリック。

すると、「Active」→「Deactive」と表示が変化します。

そして、ふたたびワードプレスのダッシュボードを開くと「ソーシャルメディア」

が新たに表示されている事を確認してください。

ソーシャルメディアの設定「画像設定」+「Twitter設定」変更

新たに表示された、「ソーシャルメディア」をクリックして

「画像設定」項目にある「OG:Image ソースを選択」を「アイキャッチ画像」

に変更。

次に、「Twitter設定」の必要項目を4つ設定、入力します。

Twitter設定

「デフォルトTwitterカード」→「要約の大きい画像」

「Twitterサイト」→「@kantou000」

「Twitter投稿者を表示」→「チェックする」

「Twitterドメイン」→「twitter.com/kantou000」

上記は私の設定ですが、「Twitterサイト」はご自分のTwitterユーザーIDを入力してください。

また、Twitterドメインも同様にご自分のTwitterドメインを入力してください。

※Twitterホーム画面URLをコピペして、https://を抜いたものがTwitterドメインになります。

最後に「設定の更新」を押して完了です。

ちゃんと反映されているのか、確認しよう

「Card validator」というネット上のツールを使って、本当にTwitterにブログのサムネイルが埋め込める設定になっているのかを確認することができます。

Card validator

↑をクリックしてジャンプします。

飛んだ先の空欄の窓に、ブログ記事のURLをコピペして、「プレビューカード」

をクリックします。

設定が問題なければ、右側にプレビューが表示されます。

これで一通り完了です。

私の場合は、設定完了10分後にはサムネが反映されました。

正直、この設定をするだけで戦闘力(拡散力)が格段に上がります。

(上がる予定です汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です